>

トラブルに注意して売買する

物件をスムーズに売買するために、不動産会社の力を借りるのは良い方法です。
ですが法外な仲介手数料を請求する不動産会社がいるので、どこの不動産会社を使えば良いのか自分で判断しなければいけません。
仲介手数料を提示された時に、計算方法を知らないとそれが適正な価格だと思います。
こちらが何も知らないと思って、かなり高い仲介手数料を無条件に請求してくる不動産会社がいます。

どんなに信頼できると言われる不動産会社でも、念のために仲介手数料を計算することを忘れないでください。
不動産会社のミスで、間違った仲介手数料の金額になっていることが考えられます。
すぐに指摘すれば修正してくれるので、無駄な費用を支払う必要はありません。

未然に防ぐために計算しよう

法外な仲介手数料を支払ってしまった場合は、無駄に支払ったお金を取り返すのが難しくなります。
最初から、トラブルに遭わないように仲介手数料の計算方法を学んでください。
どうしてもお金を取り戻したいと思った場合は、弁護士などの専門家に相談して解決するしかありません。
ですが弁護士だって、無料でトラブルの解決に力を発揮してくれるわけではありません。

きちんと料金を支払ってください。
払いすぎた仲介手数料が戻ってきても、弁護士の依頼料が高くなると意味がありません。
トラブルが起こらないように、用心するのが賢い方法です。
前もって、計算方法を勉強しておきましょう。
何度か練習すれば、瞬時に答えを導き出すこともできます。


計算できるとトラブルを避けられる

この記事をシェアする