自分で計算できるように勉強する

仲介手数料ってどうやって算出するの?

物件の価格によって異なる

不動産会社に相談すると、すぐに良い物件を見つけることができます。
自分で探す時に比べてずっと短時間なので、ほとんどの人は不動産会社を頼ると思います。
ですが物件の本体価格に仲介手数料という金額が追加されることを忘れないでください。
仲介手数料は、法律で上限が決められています。
決められた金額以上の仲介手数料を請求することはできません。
もし上限以上の仲介手数料を請求された場合は、違法なので支払わないでください。

法律で決められているのは、上限だけです。
上限を超えない金額であれば、自由に不動産会社が金額を決めて良い決まりになっています。
しかし、上限ギリギリの仲介手数料を請求する不動産会社は少ないです。
仲介手数料の計算方法があるので、その通りの金額を請求するところが多いです。
計算方法を調べてみましょう。
自分が利用していた不動産会社が、悪質な経営をしているところかもしれません。
通常よりも高い仲介手数料を請求されても、計算方法を分かっていないと正しいのか判断できません

余計な出費を抑えるためにも、自分で仲介手数料を計算することが重要です。
計算を苦手だと感じている人もいますが、単純な計算式なので大丈夫です。
公式に当てはめれば、すぐに答えを算出できます。
暗算では答えが合っているのか心配なので、電卓を使ってください。
それなら間違えないので、正しい仲介手数料を算出できます。
自分がどれだけ支払えば良いのか確認しましょう。

仲介手数料の仕組みを学ぼう

仲介手数料は、一定に決まっているものではありません。 物件の価格によって変わります。 200万円の物件を売買した時と、300万円の物件を売買した時では仲介手数料が違うので間違えないでください。 以前物件の売買をしたことがある人でも、前回と仲介手数料が異なる可能性があります。

計算できるとトラブルを避けられる

仲介手数料の計算ができるようになれば、トラブルを避けることに繋がります。 世の中にいるのは、信頼できる不動産会社だけではありません。 中には、高額な仲介手数料を請求しようと企んでいる不動産会社も見られるので注意が必要です。 正しい仲介手数料なのか判断しましょう。

仲介手数料の価格を下げてもらおう

仲介手数料の計算方法は決まっていますが、お願いすれば算出された金額より価格を下げてくれる不動産会社が見られます。 物件を購入する時に、少しでも安くしたいと考えている人がいるでしょう。 仲介手数料を削減できれば、好きな物件を購入できるかもしれません。